北海道

宿泊者が語る!絶景が望める開陽台キャンプ場の全貌!

どーも!夏の北海道を満喫するために無料や格安のキャンプ場を周っている夫婦(@tabimorokoshi)です(^^)

今回は道東に位置する中標津町の『開陽台キャンプ場』でキャンプをしたのでご紹介します。

『開陽台キャンプ場』について

私たちは2019年9月に北海道の道東にある中標津町の『開陽台キャンプ場』を訪れました。

中標津町のランドマークとも言われる「開陽台

標高270メートルの台地に位置する開陽台展望館の裏手に位置するキャンプ場で、展望館からは地球の丸さを実感!と謳っているだけあって、北海道らしい風景を330度の大パノラマで楽しむことが出来ます。そんな絶景広がるキャンプ場になります。

ただこちらのキャンプ場は正式なキャンプ場ではないのでしっかりマナーを守って使用しましょう。

展望館裏手のキャンプスペース




場所

〒086-1272 北海道標津郡中標津町字開陽 
お問い合わせ先TEL:0153-73-4787

料金

無料で使用出来ます。

オートキャンプは不可
バンガローや貸し用具はありません。

施設利用時間

展望館の利用時間は9時〜17時30分(10月は9時〜16時30分)
中にはカフェも併設されています。

屋上の展望台は24時間解放されています。

利用期間は4月下旬から10月下旬まで

開陽台展望館
屋上スペースは24時間開放されています
屋上からの眺め。
小さく見えるのは牛です!
双眼鏡を覗いてみると
牛がたくさん!

キャンプ場の様子

芝生が広がるキャンプ場で大きさは広いキャンプ場ではないのですが、このキャンプ場からの景色は絶景です。

特に夕暮れ時や夜の星空は素晴らしかった。

北海道らしい風景が広がります
陽が沈むと幻想的な光景が広がりました


キャンプ場の施設と設備

トイレ

こちらのキャンプ場の難点だと感じたのはトイレ。

キャンプサイトからは階段を下り展望館の駐車場まで行かなければなりません。

こちらの階段を下ると駐車場にトイレがあります。
階段は地味に長いです笑。

駐車場に位置するトイレ

トイレは清掃されキレイでした。

炊事場

キャンプサイトのすぐ近くにあります。
灯りがつかないのでライトは必須です。

ゴミは捨てられる?

キャンプサイトにゴミ箱が設置してあり、捨てることが出来ました。

駐車場について

約60台駐車可能な展望館の駐車場がありますが、こちらからキャンプサイトまでは階段を登らなくては行けないので荷物の運搬を考えると大変だと思います。

こちらの展望館では身体が不自由な方のために展望館裏手に駐車場が設けられています。
そこがキャンプサイトに1番隣接している駐車場になるので施設利用時間後にその駐車場へ向かうとテントサイトのすぐ近くに駐車することが出来ます。

このゲートを通れば展望館裏手に続きます。


注意点はこの道はスタッフさんが帰る際に施錠を行う事です。
なので営業時間が終了しスタッフさんが帰るまでに通らなければなりません。

私たちは18時15分ごろに通過しスタッフさんに声をかけて駐車しました。
ちなみにスタッフさんは18時30分頃に帰宅されていました。

砂利道を少し登ると展望館の裏手に到着します。

駐車スペースはあまり広くはありません。


翌日スタッフさんが来るまでは来た道が施錠されているので早朝に出発したい人はこちらに車を停めておくことが出来ないという点も注意が必要です。

バイクの場合別の道からテントサイトまでアクセス出来ていつでも入出庫可能でした。

気になったポイント



・テントサイトからトイレまで階段を下らなければ行けない
・階段下の駐車場からテントサイトまでは階段を登らなければテントサイトへ行けない
・車をテントサイト近くに停めたい場合、駐車タイミングが難しい

まとめ

駐車場やトイレが遠いなどのマイナスポイントがありますが、それを上回る絶景がこのキャンプ場にはありました。
このキャンプ場で北海道の絶景を見ながらキャンプを楽しんでほしいと思います!

僕たちオススメのキャンプ場になりました。
ぜひ近くにお越しの際は利用してみて下さい♪