北海道

宿泊者が語る!とうや小公園・中央公園キャンプ場の全貌

どーも!夏の北海道を満喫するために無料や格安のキャンプ場を周っている夫婦(@tabimorokoshi)です(^^)

今回は札幌からもアクセスがよく人気の観光地『洞爺湖』がある『とうや小公園・中央公園キャンプ場』でキャンプしたのでご紹介します。

『とうや小公園・中央公園キャンプ場』について

私たちは2019年8月に『とうや小公園・中央公園キャンプ場』を訪れました。

このキャンプ場は湖岸沿いに面したキャンプ場で洞爺湖の絶景を見ながらキャンプをする事が出来ます!
草地サイトの小公園側と砂地サイトのある中央公園側に分かれており私たちは草地の小公園側を利用しました。



こちらのキャンプ場!私たち一押しのキャンプ場です^ ^

場所

〒049-5802 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町476
お問い合わせ先TEL:0142−82−5277

料金

・テントのサイズごとに1泊の宿泊料金が変わってきます

特大(6人以上)2000円
大(4〜5人用)1200円
小(1〜2人用)700円

スクリーン 1200円
タープ 700円

キャンピングカー 1200円


日帰り:1000円


オートキャンプ 不可

バンガロー、コテージ なし
貸し用具 なし
  

係の方が巡回してお金を徴収します。
徴収後は目印としてテントにタグをつけます。

施設利用時間


チェックOUT 14時
(それ以降は日帰り料金が追加)

デイキャンプ16時まで
(それ以降は宿泊料金が追加)

利用期間は4月~10月

追記
今季は10月20日にてキャンプ場の利用は終了していました。
再開は2020年4月25日以降とのことです。

キャンプ場の様子

湖岸に面したキャンプ場で洞爺湖に浮かぶ中島を正面に見る事が出来ます。
草地のサイトと砂地のサイトがあり好みによって選択が出来ました。

小公園側サイト
中央公園側サイト


私たちは草地のサイトを利用したのですが、背後に樹木があり日中日差しの強い時でも木陰で過ごす事が出来ました^ ^
土曜日は駐車場もいっぱいな程人気ですが日曜になればだいぶ人も落ち着きました。
土曜日に利用の際は早めに場所の確保をオススメします。

キャンプ場の施設と設備

トイレ

トイレは2棟ありどちらも各駐車場の横にあります。


和式、洋式がありその他にバリアフリートイレも設置されており清掃もいき届いて綺麗なトイレでした。

炊事場

小公園側の駐車場の近くに1棟あります。
蛇口は4つあります。

ゴミは捨てられる?

ゴミは捨てられます。


ガス缶の回収もありました!

炭捨て場もあり。

駐車場について

混雑時は駐車場に停めるのが大変です。外出時はイスなど物を置いて場所取りをしている人を何人か目撃しました。


私たちが訪れた時は小公園側から少し歩いたところのカヌー体験ハウスの駐車場が臨時駐車場になっていました。

周辺施設

・周辺の温泉

『洞爺いこいの家』

約1キロほどの場所にあります。

日帰り入浴大人440円 小学生140円 幼児70円


休み:第1月曜日・第3月曜日 (祝日の場合は翌日休み)

洞爺いこいの家
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺199
TEL:0142-82-5177
利用時間10時〜21時(受付20時半に終了)

・周辺のお店

とうや水の駅

地元の野菜や食品、また飲食スペースでは本場の讃岐うどんを味わうことも出来ます。

とうや水の駅
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺100
TEL 0142-82-5277
営業時間9時〜18時



・コンビニ
セイコーマートが徒歩5分から10分くらいの距離にあります

セイコーマート洞爺店
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町77
TEL 0142-82-5275
営業時間7時〜23時



まとめ

目の前には洞爺湖の絶景が広がり最高の景色のもとキャンプを楽しむ事が出来ました。
徒歩圏内に水の駅やコンビニがあるので立地も便利!
その他にも人気のパン屋さんなど周りにはお店が何件かあります。
気になったのはテントやタープなど値段設定がちょっと細かいかな‥。という事と、
やはり人気のキャンプ地という事で人が集中してしまうという事。

連休に訪れた際の小公園サイト


ただ平日や日曜日の昼過ぎになれば大分人数が減ります。

平日はこんな感じでした


そのタイミングでキャンプが出来ればさらに最高だと思います^ ^

夏の時期では洞爺湖温泉の方で花火が打ち上がるので、小さいけど花火も楽しむことも出来ます♪

私たち夫婦おすすめキャンプ場でした(o^^o)