ニュージーランド

【ニュージーランドグルメ】スーパーで買えるコスパ抜群の大容量アイスクリームがおいしい|おすすめのTipTopを紹介

世界で1番のアイス消費国をご存知でしょうか?

それがニュージーランド!

私たちもニュージーランドでのワーホリ生活中はアイスをたくさん食べました。
私たちが特にハマったのがスーパーで買える2リットルの大容量タイプ!

日本で買うより全然安い!そして何よりおいしいんです。
子供の頃に夢だったアイスの大人食いが出来ちゃいます♪

積み上げられたアイスたち



今回はそんなニュージーランドワーホリでの思い出深いアイスの魅力についてお伝えします^ ^

ニュージーランドとおすすめアイス

酪農大国ニュージーランドとアイス

酪農大国であるニュージーランド。
そのほとんどが放牧で飼育されているのが特徴です。

なのでニュージーランドの田舎道を走っていると多くの牛を見かけます。
そして放牧で飼育されているため日本の様な大規模な牛舎や濃厚飼料が必要なく低コストでの酪農経営が可能となっているのです。

ニュージーランドの人口は約490万人と国内市場が小さいため、生乳の90パーセント以上が輸出されます。乳製品の世界輸出量は世界最大で日本でも多くの乳製品をニュージーランドからの輸入に頼っています。

そんなニュージーランド国内では新鮮な乳製品原料から作られる高品質のアイスが低価格で購入が可能なのです。食べてみると分かるのですがスーパーにある市販のアイスのクォリティーが本当に高いと感じます。

ちなみにニュージーランドの一人当たりの年間アイスの消費量が28リットル!と言われています。

あまり想像できないと思うんで分かりやすく言いますと、
ハーゲンダッツのミニカップアイスが1個あたり110mlです。
なので計算してみるとハーゲンダッツが約254個分

仕事終わりに毎日ハーゲンダッツを食べるイメージですね笑。

おすすめ!スーパーで買える 大容量2リットルアイスの魅力

食べ応えバッチリ



まずあまり日本では購入する機会が多くない2ℓサイズ(2000ml)がどれくらいのサイズなのかをイメージしてもらいたいと思います。

日本でよく見かけるアイスと比較してイメージしてみましょう。

ハーゲンダッツのミニカップが110ml
明治スーパーカップが200ml

ざっくりですがハーゲンダッツだと18個分、スーパーカップだと10個分です

ハーゲンダッツで比較の図
スーパーカップで比較の図



比較できましたか笑?

そんなニュージーランドの2ℓアイスがスーパーの安売だとその時の物価にもよりますが日本円で300円〜400円で買えちゃいます。


高品質のおいしいアイスがこの値段ってめちゃくちゃお得じゃないですか?

あと日本と違うと思った点は種類が多いって事!
日本だとこのような大容量タイプの店舗での取り扱う種類は数が少ないと思うんですがニュージーランドではかなりの種類が冷凍庫に並んでいました。

こちらの写真のTipTopという私たちおすすめのメーカーの公式ホームページにて2リットルサイズのフレーバーの数を調べたところ17種類もありました!(2020年4月現在)

この写真の両サイドにもギッシリと大容量のアイスがあります


その他にもいろんなメーカーのアイスがスーパーには並んでいます。
逆にバラで売ってるアイスはスーパーではあまり見かけずコンビニで取り扱っている感じでした。
家族でアイスを食べるのが習慣になっているニュージーランドらしいな〜と感じます(^。^)

ニュージーランドでおすすめのアイスメーカーTipTop って?

私たちが特にスーパーで気に入って滞在中に一番食べたアイスメーカーが先ほども名前が出たTipTopです。

1936年、レンとアルバート2人の友人同士がニュージーランドのウェリントンでアイスクリームパーラーを開いたのが始まりです。
今ではニュージーランド国内では知らない人がいない人気メーカーになりました。
様々な種類があり、なかでもPopsicleは国民的人気商品。

子供たちにとってアイスと言えばこれらしいです


私たちが食べたTipTopのおすすめフレーバー3選をご紹介

Boysenberry Ripple 2L

日本ではあまり馴染みのないボイセンベリーを使ったこちらのフレーバー。
毎年開催されるNew Zealand Ice Cream Award で総合1位に選ばれたフレーバーでもあります。
個人的にはじめは知ってる味!って感じで評価もそこまでは高いわけじゃなかったんですけど、食べれば食べるほどポイセンベリーの魅力にハマっていきました〜。

さすがの貫禄!


Passionfruit Ripple 2L

こちらのパッションフルーツ味もおすすめ!カリカリっとした食感が癖になります!
ぜひ1度ご賞味あれ。

ファームのオーナーもおすすめしてました!

2リットルサイズ以外にも‥
TipTop CRAVE PeanutButter Cup

こちらは2リットルシリーズではなくちょっと高級な1.2リットルシリーズです。
安い時だと500円弱で買うことができます。
僕たちにとっては高級品だったのであまり買うことが出来ませんでしたが、量より質!って事ならこちらがおすすめ!

ニュージーランドに来てからパンにピーナッツバターを塗る事にハマっていたのですが、こちらのピーナッツバター味のアイスもとっても美味しかったです!
ピーナッツのカリカリが堪らないんです。

思い出したら食べたくなってきた〜!

他にもこのシリーズ魅力的なフレーバーが

最後に

いかがでしたか?
アイスが食べたくなってきたんじゃないでしょうか笑。

私たちはファームで働いた自分たちのご褒美として毎週の様にビックサイズのアイスを買っていました。これはなかなか日本では出来ない体験だったと思います。

海外に来たら日本ではなかなか売ってない様な味を食べてみるのも楽しみの一つです。
濃厚バニラにカリカリのキャラメルが入ったホーキーポーキーはニュージーランドと言えばの定番フレーバーです。

その他にもたくさんのフレーバーたちがニュージーランドのスーパーでは待っています。

アイスなのでお土産には難しい、だからこそ現地で食べたい!
興味が湧いたらぜひ1度スーパーのアイスコーナーをのぞいてみてください(^^)

▼オークランドで食べられるとっても美味しいアイスクリーム店の情報は下記の記事よりチェック!

▼同じくニュージーランドのスーパーで購入できるとっても美味しいチョコレートは下記記事で紹介しています!


こちらの記事もおすすめ
ニュージーランド

【ニュージーランドワーキングホリデー】ブルーベリーファームの仕事内容や1日のスケジュールは?

2020年4月7日
たびもろこし
私たちはニュージーランドでのワーキングホリデー中にブルーベリーファームで働かせて頂きました。今回はその仕事内容がどのような様子なのかを少し …